日本ローカーボ食研究会

日本ローカーボ食研究会

第6回学術総会のお知らせ

日本ローカーボ食研究会 第6 回学術総会のご案内

日時: 2016 年 3 月 6 日(日) 午前10 時30 分~午後4 時30 分
場所: 安保ホール 301 号室  〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-15-9 
TEL: 052-561-9831 JR 名古屋駅 徒歩2 分
参加費: 3,000 円( 学生の方 1,000 円)
主催NPO 法人日本ローカーボ食研究会 ( https://low-carbo-diet.com/ )


 近年, 糖尿病の大規模臨床試験のメタアナリスが発表され、その結果はHbA1c を厳しく下げた群(6.5 まで)でも下げなかった群(7.5 まで)でも総死亡は変わらないこと、たった1 回の低血糖発作が2 年以内の心筋梗塞死と認知症を2 倍に増やすことが明らかとなりました。これを受けて2012 年以降、糖尿病治療はHbA1c を無理に下げない、低血糖を一回も発症させないという歴史的な転換期を迎えましたが、この重大なエビデンスがほとんどの医療関係者に伝わっていないのが現実です。
 そこで、今回の学術集会では食事療法をひとまず横に置いて、糖尿病治療に携わるすべての方々(医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、製薬メーカーなど)にご参加いただき、議論を深めるプログラムとなりました。また、大規模コホート研究による「栄養と疾患の関係」の第一人者、名大若井建志教授の講演も楽しみです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

今年のテーマ「 糖尿病治療のパラダイムシフト 」

〈 第1 部 特別講演 〉 (10:30 ~ 12:30)
【 特別講演 1 】 ( 10:30 ~ 11:45 )
 司会: 灰本 元( 灰本クリニック 内科 ) 
「 糖質・脂質摂取, 体重と総死亡リスク 」
  名古屋大学大学院医学系研究科 予防医学教授 若井 建志    
【 特別講演 2 】 ( 11:45 ~ 12:30 )
 司会: 宇佐美 範恭( 一宮市民病院 呼吸器外科 )
「 HbA1c はどこまで下げるべきか ~大規模介入試験のメタアナリシスから~ 」
  むらもとクリニック 内科 村元 秀行
  
〈 第2 部 基調講演・症例検討・パネルディスカッション 〉(13:30 ~ 16:30)
● テーマ「 低血糖を一回も起こさない治療 」
司会: 前田 恵子( もくれんクリニック 老年科 ) 米田 正始( 野崎徳洲会病院, 心臓外科 ) 
【 基調講演 】 
  「低血糖と総死亡」  村元 秀行(むらもとクリニック 内科) 
  「低血糖と認知症」  中村 了(名古屋逓信病院 老年科) 
 
【 症例検討 】
  ・低血糖に関する症例①  灰本 元(灰本クリニック 内科) 
  ・低血糖に関する症例②  小早川 裕之(小早川医院 内科) 
  ・低血糖に関する症例③  前田 恵子(もくれんクリニック 老年科) 
  ・低血糖に関する症例④  高守 里香(名古屋逓信病院 管理栄養士) 
  ・低血糖に関する症例⑤  渡邉 志帆(灰本クリニック 管理栄養士) 
 【 パネルディスカッション 】
 パネリスト : 村元 秀行、中村 了、灰本 元、小早川 裕之、高守 里香、渡邉 志帆

若干のプログラム変更の際はご了承下さい

おすすめコンテンツ

企業の皆様へ入会ご協力のお願い

・学術総会
第9回学術総会
終了

・定期勉強会
第15回定期勉強会 延期

・講演会
未定

ローカーボについての医学的総説と指導方法の総説です。

賛助会員

協賛医療機関

医療法人芍薬会灰本クリニック むらもとクリニック 内科・漢方 安井医院 渡辺病院