日本ローカーボ食研究会

日本ローカーボ食研究会

設立の趣旨

 日本ローカーボ食研究会は2011年に発足、2012年に法人化した医師、管理栄養士、薬剤師、生理学研究者などからなる会です。会の目的は、2型糖尿病や肥満の治療に糖質制限食を如何に適切に組み込むかについて、基礎科学的、臨床科学的知識の収集、分析とその臨床応用を進めることで、これまでに定期的な症例検討会、学術集会、学術論文の発刊、講演活動、啓蒙書の出版「正しく知る糖質制限食」(技術評論社)(2013年)、「ゆるやかな糖質制限食による2型糖尿病治療 -ガイドライン2016-」「医師が実践するおいしい糖質オフレシピ216」(2018年)など通じてゆるやかな糖質制限食の普及を図ってきました。この間、この食事療法は広く知られるところとなりましたが、まだ未解決の課題も多く、さらなる研究が期待されます。また会は、ゆるやかな糖質制限食にとどまらず、食事療法を循環器疾患、呼吸器疾患、癌、認知症など老化に伴う生活習慣病全域で活用することも視野に情報を発信しています。

事務局より

「医師が実践する おいしい糖質オフレシピ 216」発刊のお知らせ

LC recipe.jpg NPO法人日本ローカーボ食研究会代表理事 灰本 元先生 監修による待望のローカーボ食(ゆるやかな糖質制限食)レシピ集が発刊となりました。
 本書は生活習慣病予備群や一般の方々が少しでも健康に生きるために、わたしたちがこの十数年間にローカーボ食の臨床研究を積み重ねて到達した、安全で効果的なローカーボ食の方法があちこちにちりばめられており、ゆるやかな糖質制限食、本書では糖質オフのノウハウを満載した一冊となっています。西東社より2018年7月発刊 1,400円+税。
全国の書店でご購入いただけます。

 【発刊にあたり】

 ★レシピ集を使って脂質摂取の増加に成功★
 amazon

 定期勉強会  

第15回定期勉強会の日時がきまりました。
日時:2019年10月26日(土)15時から
場所:灰本クリニック 春日井市弥生町1-80
「糖質の種類によってHbA1cに与える影響は違うか」について症例をまじえてお話します。

 第10回日本ローカーボ食研究会 学術総会 

日時が決まりました。
日時:2020年3月8日10時30分から
場所:安保ホール 名古屋市中村区名駅3丁目15-9
詳細が決まり次第更新致します。

 灰本先生の最新論文を掲載しました

【糖尿病治療薬を非服用の日本人2型糖尿病患者における炭水化物およびその由来食品のHbA1c値に対する影響】

詳細はこちらから

おすすめコンテンツ

・学術総会
第9回学術総会
終了

・定期勉強会
第15回定期勉強会 延期

・講演会
未定

ローカーボについての医学的総説と指導方法の総説です。

管理栄養士 現在の募集依頼ありません

海外の注目論文

英論文抄読会(ジャーナルクラブ)とホームページ掲載への経緯

2014年春から灰本先生とじん薬局薬剤師との英論文抄読会(ジャーナルクラブ)がスタートしました。私たち薬剤師の医学的知識、臨床的知識が圧倒的に不足していたことが始まりでした。

> 詳しくはこちら

2019年08月05日

グルコースの輸送と生体膜

細胞膜とその特性

 十九世紀中頃までに「生命の基本単位は細胞で生命の座は細胞質にある」とする細胞説、原形質説が提唱された。

> 過去の論文一覧はこちら

新着情報

2019年09月24日

裸足が体に与える影響とは?

 趣味として、10年以上ランニングを続けている。はじめは普通のランニングシューズを履いて走っていたが、小さい頃に右足首を捻挫してから、捻挫を繰り返し、右足首が少しゆるい感覚が常にあった。そのため、ランニング中だけでなく、歩いているときにも、何かの拍子に右足首をひねりそうになり、ヒヤッとすることが度々あった。

2019年03月07日

食事ではLDL-コレステロールはほとんど下がらない

灰本クリニック 灰本 元

 わたしのLDL-コレステロール値は60歳までは何も特別な苦労をしなくても100mg/dl以下を10年以上も保ってきたのですが、60歳を超えたあたりから次第に上がって今年は150前後となりました。

2018年11月12日

”肥満パラドックス”を知っていますか その3

日本における冠動脈心疾患による死亡率の継続的な低下と総コレステロールの持続的かつ顕著な上昇:7カ国調査後の日本の経験

Continuous decline in mortality from coronary heart disease in Japan despite a continuous and marked rise in total cholesterol: Japanese experience after the Seven Countries Study
Akira Sekikawa,et al., International Journal of Epidemiology, 2015, 1614–1624

2018年11月02日

レシピ集を使って脂質摂取の増加に成功

灰本クリニック 灰本 元

 前回は「医師が実践するおいしい糖質オフ レシピ 216」を紹介しました。今回はそれを使ってたくさんの糖尿病患者さんに説明してみたら愕然としたのでその話題を書きます。ちなみに、第1刷は12,000部発刊したのですが、3か月間に10,000部近くも売れて早くも増刷となりました。

> 新着情報一覧

人工甘味料について

2019年04月26日

腸内細菌と病気 その1「腸内細菌を壊す身近な食品と薬」

灰本クリニック 灰本 元

 腸内細菌とは主に小腸~大腸に生息する細菌のことです。口腔内には唾液1mlあたり1億個の細菌が生息していますが、胃ではPH1という強力な酸性のなかで著しく生息数は少なくなり、小腸から大腸に下りるにつれて増加し、大腸では1兆個/便1gに達するといいます。

> 人工甘味料について一覧

賛助会員

協賛医療機関

医療法人芍薬会灰本クリニック むらもとクリニック 内科・漢方 安井医院 渡辺病院 名古屋逓信病院