日本ローカーボ食研究会

日本ローカーボ食研究会

100万人を超えるアジア人におけるBMIと死亡危険度の関連性

2011年に The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE  から 「100万人を超えるアジア人におけるBMIと死亡危険度の関連性」が発表されています。(http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1010679#t=articleResults
この論文の中では、東アジア人(中国人、日本人、韓国人を含む)でのコホート研究でもBMIと死亡危険度の相関はUカーブを示し、BMI:22.6~27.5で最も低くなっています。さらに注目したいのは急性呼吸器疾患(肺炎等)ではBMIが低くなればなるほど死亡危険度が上昇する結果が示されている点です。 要旨の和訳を掲載します。
要旨の和訳はこちらから

おすすめコンテンツ

企業の皆様へ入会ご協力のお願い

・学術総会
第9回学術総会
終了

・定期勉強会
第15回定期勉強会 延期

・講演会
未定

ローカーボについての医学的総説と指導方法の総説です。

管理栄養士 現在の募集依頼ありません

賛助会員

協賛医療機関

医療法人芍薬会灰本クリニック むらもとクリニック 内科・漢方 安井医院 渡辺病院