日本ローカーボ食研究会

日本ローカーボ食研究会

悪玉コレステロール神話が崩れる 第4回 -まとめ-

 ここまでに書いてきたことをまとめると、喫煙や糖尿病などの心筋梗塞のリスクのない日本人ではLDLコレステロール値は少なくとも80-180 mg/dlぐらいが妥当で、180 mg/dl以上が持続する場合は年齢や心筋梗塞の家族歴、頚動脈エコーの動脈硬化の程度を見てスタチンを使うかどうか判断すべきということになります。

 糖尿病患者さんでは最近日本でも無作為化比較試験が行われ、LDLコレステロールを70 mg/dlにしても120 mg/dlにしても心筋梗塞発症は同等だったので120 mg/dlが目標値と決まりました。喫煙者では目標値は分かっていませんが、経験的に100 mg/dl前後を目標にした方がよさそうです。

 なお、日本の冠動脈疾患のリスクスコアである「吹田スコア」は非常に簡便に計算(性別、血圧、コレステロール値、既往の有無など)できるので、スタチンを服薬させるかどうか迷った時に役立ちます。(https://www.j-athero.org/jp/general/ge_tool2/)

 残念ながら日本のガイドラインの最新版である「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2017年版」では冠動脈疾患のリスクが最も低い人に対しても160 mg/dl未満という不必要に厳しい管理目標値を設定し、スタチンの使用を推奨していますが、観察研究を基にしているので科学的根拠があるとは言えません。日本のスタチンの使い過ぎを見直しましょう。

dai4zu1.jpg

 

おすすめコンテンツ

賛助会員

協賛医療機関

医療法人芍薬会灰本クリニック むらもとクリニック 内科・漢方 安井医院 渡辺病院