設立の趣旨

 日本ローカーボ食研究会は2011年に医師、管理栄養士などが集まって発足、2012年にNPO法人となりました。この会では糖質制限食による2型糖尿病治療について科学的知識の収集、分析及び臨床応用を進めてきました。それらをもとに医療関係者へ“ゆるやかな糖質制限食(ローカーボ食)”についての科学的知識と実践方法の普及を図ってきました。2013年にはそのノウハウまとめた「正しく知る糖質制限食」(技術評論社)を、2016年には「ゆるやかな糖質制限食による2型糖尿病治療 -ガイドライン2016-」を出版しました。
 この間、糖質制限食は広く知られるところとなりましたが、相変わらず日本発の臨床研究報告は少なく、残念なことに多くの人たちはいまだ民間療法レベルの知識のままでこの食事療法を行っています。私たちの研究会は、長期間続けても安全で効果的な“ゆるやかな糖質制限食”を軸に、さらに効果的な治療法の確立及びその普及をめざしています。
 今後、NPO法人日本ローカーボ食研究会は糖質制限食にとどまらず、食事を中心とする生活習慣全体と健康・疾病のかかわりについて学術的、臨床的な情報を発信し続けます。

事務局より

「医師が実践する おいしい糖質オフレシピ 216」発刊のお知らせ

LC recipe.jpg NPO法人日本ローカーボ食研究会代表理事 灰本 元先生 監修による待望のローカーボ食(ゆるやかな糖質制限食)レシピ集が発刊となりました。
 本書は生活習慣病予備群や一般の方々が少しでも健康に生きるために、わたしたちがこの十数年間にローカーボ食の臨床研究を積み重ねて到達した、安全で効果的なローカーボ食の方法があちこちにちりばめられており、ゆるやかな糖質制限食、本書では糖質オフのノウハウを満載した一冊となっています。西東社より2018年7月発刊 1,400円+税。
全国の書店でご購入いただけます。

 【発刊にあたり】
 amazon

 

 ローカーボ食研究会 定期勉強会のお知らせ 

第15回定期勉強会は終了しました。

次回は2018年12月1日土曜日を予定しております。
詳細が決まり次第更新致します。

 

 灰本先生の最新論文を掲載しました

【糖尿病治療薬を非服用の日本人2型糖尿病患者における炭水化物およびその由来食品のHbA1c値に対する影響】

詳細はこちらから

海外の注目論文

英論文抄読会(ジャーナルクラブ)とホームページ掲載への経緯

2014年春から灰本先生とじん薬局薬剤師との英論文抄読会(ジャーナルクラブ)がスタートしました。私たち薬剤師の医学的知識,臨床的知識が圧倒的に不足していたことが始まりでした。

2018年08月20日 95.日本人1型および2型糖尿病患者の血清グルコース値、血清コレステロール値、血圧値:バイオバンクジャパン

Serum glucose, cholesterol and blood pressure levels in Japanese type 1 and 2 diabetic patients: BioBank Japan
Hiroshi Yokomichi et al. Journal of Epidemiology 27 (2017) S92-S97
http://dx.doi.org/10.1016/j.je.2016.12.013


2018年08月06日 94.自己報告に基づく糖尿病患者の体格指数と死亡率の関連:日本コラボレーションコホート(JACC)研究

Association of Body Mass Index and Mortality in Japanese Diabetic Men and Women Based on Self-Reports: The Japan Collaborative Cohort (JACC) Study

Epidemiol 2015;25(8):553-558 doi:10.2188/jea.JE20150011


2018年08月06日 93.日本人の男女における年齢階級別の血圧値の分類と長期心血管疾患リスク

Blood pressure categories and long-term risk of cardiovascular disease according to age group in Japanese men and women
Akira Fujiyoshi et al. Hypertension Research (2012) 35, 947–953


2018年07月28日 92.中国の高齢高齢者の血圧と死亡率の関連性を再考する:コミュニティベースの長期的前向き研究

Revisiting the association of blood pressure with mortality in oldest old people in China: community based, longitudinal prospective study
BMJ 2018;361:k2158, http://dx.doi.org/10.1136/bmj.k2158


2018年07月17日 91.日本人男女における総死亡、癌死、心血管障害死と食事パターンの関係:JPHCコホート研究

Dietary patterns and all-cause, cancer, and cardiovascular disease mortality in Japanese men and women: TheJapan public healthcenter-based prospective study
Akiko Nanri1 et al.,  PLoSONE 12, 2017


>>過去の論文紹介

What’s new

2018年08月10日 ”肥満パラドックス”を知っていますか その2

“肥満パラドックス”を知っていますか? その2

灰本クリニック 医師 灰本 元 記


2018年05月28日 “肥満パラドックス”を知っていますか?その1

“肥満パラドックス”を知っていますか? その1


灰本クリニック 医師 灰本 元 記


2018年04月24日 血糖のホメオスタシスで忘れがちなもう一つの視点—その2

「その1」で紹介した論文の8名の著者のうち、責任著者Fineman, Mを始めとしT.K., C.B., S.S., A.B. の5名はSan Diegoの製薬会社Elcelyx Therapeuticsに所属し、Met DRは同社が開発し発売している薬品であるが、報告にDiabetes Careの編者が注目して論文に先立ち下記のコメントを同時に掲載している。
Song, R (Dept of Biol Chem and Mol Pharmacol, Harvard Med Sch, Boston, MA)
Mechanism of metoformin: A tale of two sites. Diabetes Care 2016; 39:187-189


2018年03月19日 血糖のホメオスタシスで忘れがちなもう一つの視点—その1

加藤 潔 記

紹介論文
メトフォルミン血糖値低下作用の第一次作用点は腸管であり、循環系ではない。
The primary glucose-lowering effect of metformin residues in the gut, not in the circulation: Results from short-term pharmacokinetic and 12-week dose-ranging studies. Diabetes Care 2016; 39:198-205
John B. Buse, Ralph A. DeFronzo, Julio Rosenstock, Terri Kim, Colleen Burns, Sharon Skare, Alain Baron, and Mark Fineman
(Corresponding author: Fineman, M, Elcelyx Therapeutics, San Diego, CA) 


2018年02月17日 カエデ糖の歴史2

カエデ糖の歴史2

1はこちら


安井医院 医師 安井廣迪 記


>>過去のWhat’s New

コンテンツ一覧

研究会と世話人

研究会と世話人を紹介します。

賛助会員・入会

企業の皆様へ入会ご協力のお願い

 勉強会お知らせ

・学術総会
 第8回学術総会 終了

・定期勉強会  
仮定 第15回定期勉強会
日時:2018年12月1日(土)
場所:灰本クリニック 

・講演会
未定

求人案内

管理栄養士 現在の募集依頼ありません

食品別、献立別糖質含有量一覧日本ローカーボ職研究会関連書籍

協賛医療機関

医療法人芍薬会灰本クリニックむらもとクリニック平松クリニック内科・漢方 安井医院

ローカーボの広場

ローカーボの広場

>>ご意見や質問箱

ブログ

ブログ

世話人のブログ

>>ブログ

リンク

リンク

ローカーボ食に関連するサイト

>>リンク